10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

犠牲 

久々に本の感想など。

サクリファイス
「サクリファイス/近藤史恵」

最初に読んだのはずいぶん前ですけども
最近また読み返し中。
表紙がだいぶ痛んでますね。

一度気に入った本は何度でも読み返すほうなので
特に文庫本だと、ブックオフでは引き取ってくれないような
状態になります。



自転車競技(ロードレース)というのはある種不思議な
スポーツですよね。

お互いに勝つために競っていながら、
先頭を走って風よけになる役割を交代しつつ
協力し合うという部分もそうだし、

リザルト上は個人の名前で記録されるのに
その実態は団体競技だったり。

エースが優勝すれば、そのエースのチームメイトで
アシストをしていた選手も同じように評価される
なんてのは、ほかのスポーツにはあんまり見られないと
思われます。
(サッカーでもゴールとアシストとありますけど、
あれは完全に団体競技ですし)

タイトルの「サクリファイス」つまり、
「犠牲」とか「生贄」という意味ですけども
最初は、主人公がロードレースの中で「アシスト」に
徹することを選んだから「犠牲」なんだと思っていたのに

ところが、中盤以降ふつうでは信じられないような
「犠牲」的な行為があって、これには背筋がぞくぞく
するような感じがありました。

途中に、唐突とも思えるような
ウサギが自らの体を捧げて人に食われる、という
イメージがつづられて、「何のことやら・・・」
と思ったのが、こういう形につながるのかぁと
変に感心してしまいます。

いろんなところで高い評価をされただけに
何度読んでも楽しめる本でした。


超個人的事情による感想ですが、
主人公が初恋(かな?)の女性との別れを
思い返す部分に

「ああ、ぼくはこんなにも香乃のことが好きだ」

という一文があります。

コレ、ちょっとグサぁっときました。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 革フェチ!  |  突発的考察 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakukaku28.blog76.fc2.com/tb.php/74-b01d7e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。