10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

美術館 

久々に美術館へ行ってきました。
mauritshuis
フェルメールを観たかったのですよ。

うん?
もちろん一人で、ですが何か問題でも?

実際のところ、絵を観に行ったりするのは一人のほうがいい。
負け惜しみが48%ぐらい入ってますが、それでもたぶん一人がいい。

なぜかというと。

カップルとかいるんですよ。
で、たいがい男のほうが、よくわからんウンチクを
語ってるわけですよ。大声で。
うるさいっつの。

負け惜しみですけど。半分くらいは。



そんなことより今回観に行って一番「カチン」ときたのは
おそらくどこかの美大生(院生か、卒業生かも)と思われるのが

「ったくよー。あんな間近に観てて、ホントにわかってるヤツいんのかねー」

などとツレと話してる輩がいたことね。


まぁいいや。
たぶん彼らとはこの後一生出会うこともあるまい。



いろいろ語れるほどの知識もウンチクもないですけど、
フェルメールとかレンブラントとか、あの辺のオランダ絵画は
いいね。なんか好き。

おぉ、ここでも再認識。

『好き』に理由はいらない

あとは行列しないで観られれば言うことナシですね。

  ☆  ☆  ☆  ☆

あと、同時に展示してた
「生きるための家」展も観てきました。
これはめずらしく「写真撮ってもいいよ」な
展覧会でした。
撮った画像を家に帰って見てみたら、
フラッシュが使えなかったせいもあって、ブレてる写真が多かったですが。
(腕の問題と素直に認めなさいって・・・(ーー;)

ie3 ie1 ie1-1
山田紗子《家族の生きるための家-大柱と屋根のつくる、住むための濃度-》


なんやかんや言って建築の仕事好きなのよね。
もいっかい転職しようかしらん。

karenreedさんも好きでしょ?こういうの。
(なぜ個人的に語りかけるw)

夏の間なぁんにもいいことなかったけど、最後にちょっと楽しめたから
よしとしよう。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 言葉のチカラは失われたのか  |  いくらなんでも »

この記事に対するコメント

呼ばれて登場しました(笑
ああいうのって見てるだけでわくわくしますよね^^まあ実際に建つかどうかは置いといて、頑張って設計されたんでしょうね☆

karenreed #- | URL | 2012/09/09 00:57 * edit *

ご足労ありがとうございますm(_ _)m

予算だとか敷地の条件だとか、そういう制約を取り払って
「ひとが住む家とはどうあるべきか」
なんてことを考えだすと・・・。

楽しくて寝ていられなくなりそうですよね

赤鉛筆@管理人 #- | URL | 2012/09/12 20:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakukaku28.blog76.fc2.com/tb.php/155-1735778a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。